【WordPress】WordPressによって制作されたサイトかどうかを判別する3つの方法

こんにちは。

あるサイトを見ている時に、バックグラウンド、例えばCMSとかツールは何を使っているんだろう?とか気になる時がしばしばあります。

そんな時にサクッと確認できる方法があったらいいですよね。ということで、今回は私が使っている(使っていた)、WordPressで作成されたサイトかどうかを判別する方法を3つ紹介します。

 

1.判別サイト「Is it WordPress?」

 

 

 名前のままのWordPress判別サイト。調べたいサイトのURLを入力すればすぐにそのサイトがWordPressで作られたものかどうか分かります。

また、使用されているバージョンも表示されます。

 

2.Chrome拡張機能「Chrome Sniffer」

 私が現在使っている方法です。Chromeをお使いの方限定なのですが、この拡張機能を導入することでページ閲覧時にURL欄右端にアイコンが表示されます。

WordPess以外にもアナリティクスやjQueryなど、そのサイトで使用されている技術が分かってしまいます。それぞれのバージョンもちゃんと表示されます。とても便利です。

 

 3.ページのソースをみる

情報を知りたいページで右クリックし、ページのソースを表示という項目を選択。そのページのHTMLが表示されます。

その中のmeta情報やhrefなどにwp-contentやwp-includes、wpなどが書かれていればそのサイトはWordPressで作られたものです。

 

 

 

 

私がよく使うパターンとしては、「Chrome Sniffer」でサイトを判別し、さらにどのようなツール、プラグインが使われているか知りたいときはページのソースを表示します。

この「Chrome Sniffer」を使って以来、普段からどのような技術で作られたものかよく見るようになり、またWordPressで制作された企業サイトの多さに驚きました。

ぜひこれらの方法を使ってみてください。

 

0

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


40文字以上日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)