【フィリピン留学ブログ】時間の創出~英語漬けの10日間~

二週間は長いでしょうか。短いでしょうか。土日を除くと10日ですね。

「14,400分」です。

ここから以前ご紹介した授業時間にあたる(一日8時間とった場合)、4,800分を除くと「9,600分」です。さて残りの時間には睡眠時間が含まれていますね。何時間寝ましょうか。

GEの祖であるトーマス・エジソンの名前を聞いたことの無い方はいないでしょう。では、彼は一日平均で何時間睡眠していたと言われているでしょうか。答えは「合計で大体三時間」だそうです。しかも数回の仮眠を合計してとのこと。まさに一心不乱に発明に取り組んでいたんですね。しかも彼は84歳という高齢までこのサイクルを続けていたというから驚きです。彼は自身の生活を振り返り「私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功は覚束無かった筈だ」と話したそうです。

さて、何もエジソンになりましょうと言いたい訳ではございません。そんなの出来ないという方の意見も理解できます。しかし、本気で二週間で英語を使えるようになりたい。絶対に後悔したくないのであれば睡眠時間を英語の時間に充ててみるのも一つだと思います。会社に勤めているときとは違い、自ら英語に取り組みたいという気持ちが少しはあるから留学するわけです。自分自身が驚くぐらい英語漬けになれるんです。環境は整っているんです。あとはあなた次第です。

私が実際に二週間続けた一日のスケジュールを参考までに載せておきます。

 

5:00-6:00 起床+前日の復習
6:00-6:30 朝シャワー
6:30-7:00 音読
7:00-7:30 朝食
7:30-8:00 仮眠
8:00-10:00 授業
10:00-12:00 授業
12:00-12:30 昼寝
12:30-13:00 昼食
13:00-15:00 午前中の復習+授業の予習
15:00-16:00 談笑(フィリピン人と英語で)
16:00-18:00 授業
18:00-18:30 夕飯
19:00-21:00 日記(英語です)+翌日の予習+音読
21:00-22:00 談笑(フィリピン人と英語で)
22:00-22:30 仮眠
22:30-23:00 シャワー
23:00-2:00 復習+音読
2:00-5:00 就寝(途中から夢でも英語です)

 

・・・今見ても英語漬けでしたね。我ながら驚きです。合計で英語を使っていた時間は授業時間も含めて「990分」。これを10日続けましたので、

「9900分」です。

(夢で見た英語の時間は含みません)。ちなみに睡眠時間はというと、残念ながらエジソンにはかないませんが、合計で「四時間半」です。結構寝てますね。皆さんのお仕事が繁忙期であれば変わらないと思います。

何も寝なかったということを自慢しているのではありません。二週間という限られた期間に全身全霊で英語取り組んで頂ければ、どなたでも話せるようになるんです。是非とも実際に実行してみてください。たったの二週間だけ英語のことだけを考えてみてください。壁が一度外れれば、そこには違った景色が広がっています。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


40文字以上日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)