【フィリピン留学ブログ】フィリピン人の英語訛りは?

フィリピン留学を検討する上で誰もが思いつくのが、「フィリピン人の英語って訛ってないの?」という疑問です。結論から言うと、もちろんネイティブの発音とは違います。

これは彼らがネイティブではない以上、ネイティブの発音にはなりえないということです。しかしながら、しっかりした採用基準のある学校であれば、訛りなどは一切気になることはないでしょう。もちろん、先生特有の言い回しや、個人個人で微妙に違いはあります。ただ、英語を話す環境に普段いない皆様の、英語を話すこと、使うことに対する壁を取り除くことにおいては、障害となることはないと言えるでしょう。

加えて、仮にフィリピン人が訛っていたとしても、それがうつるということもないと言えるでしょう。

なぜなら、私たちはすでに日本人として日本語を母国語としており、言葉を発する際に発音のベースになるのは日本語です。そのため、どうがんばっても日本語訛りが大前提なのです。フィリピン訛りがうつることは心配しないでいいでしょう。日本語訛りの素養があるんです。日本語訛りからの出発なので、しっかりとしたカリキュラムでその先生に教えてもらう以上、フィリピン訛りの影響は皆無に等しいでしょう。

また、フィリピンはアメリカンイングリッシュですので、日本人の耳にも馴染みやすく話しやすいでしょう。

留学をされる方の中には、映画やドラマを字幕なしでみたいという方もいらっしゃると思いますが、事前にリスニング学習として視聴するのであれば、多くの方が仰られているようにアメリカのホームドラマをお勧めします。私は「フレンズ」のシーズン1をひたすら繰り返し見てました。

①最初は英語のみの字幕なし ②なんとなく聞き取れてきたら英語の字幕をつけてひたすら繰り返し

これが耳を鍛えるいいトレーニングになりました。ちなみに今も時間があれば見ています。

ご存知の方も多いでしょうが、世界にはイギリス訛りとオーストラリア訛りの英語もあります。では、英語を話すにはアメリカンイングリッシュを学ぶだけではだめなのか。それでいいわけではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、英語をビジネスで使っていく、旅行の際に問題なくコミュニケーションをとることができるようになりたいなどの場合、話すという機会を多く経験すればするほど、どのようにすれば英語を使いながら人とコミュニケーションを取れるのかが見えてきます。そうすると問題は言語だけではなく自分の考えをいかにうまく相手に伝えられるかどうかに気づくのです。こうなれば日本語と同じです。あくまで英語はツールです。ツールは使えさえすればどうにかなるものです。

フィリピン留学は、英語を使えるようになるにほ絶好の留学先です。それだけでなく、コミュニケーションとは何かについて考える絶好の機会にもなります。

また、海外に少し出るだけでも日本を俯瞰して見る目を持つことも出来るでしょう。フィリピン留学から得られることは英語に限らず多いことでしょう。

※ふとamazonでフレンズのDVDの価格を調べてみたらシーズン1の前半12話のセットがなんと¥1,000でした。前はもっとしたんですが、お試し価格かなにかでしょうか。リスニングの練習をしつつ、息抜きとしてもおもしろいので見てみてください。¥1,000は取り返せます。一石二鳥です。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】マンツーマンレッスンのつらさ

マンツーマンレッスンは英語を話す時間を非常に多く取れるので、Speakingにおいてとても有効(effective)な授業方法です。先のブログでも述べておりますが、日本でマンツーマンを受けようとすると、非常に費用が高いというところが難点です。それをフィリピンの語学学校では低価格で受けられる。この点がとても魅力的です。

しかし、先生によって指導力に多少(more or less)の差はあるのが現状です。そもそも、日本の教師でも同じことが言えると思いますので、ある程度は許容範囲として考えてください。ただし、しっかりと授業での目標を立てておかなければ、マンツーマンレッスンならではの悪い傾向に陥る可能性もあります。特に長期留学をされる方は多いようでした。

終始フリートーク

慣れてくると教科書を使って決められた会話(conversation)をするのはつまらなく感じていくようです。もちろん先生は同じことを繰り返しているわけですから、教科書に飽きていることは否定できません。フリートークは楽しいわけです。しかし、中途半端(halfway)な英語力でフリートークばかりでは一定のレベルを超えるのは難しいかもしれません。教科書はよく使う言葉を中心に載っているのでしっかり身に付けて、フリートークに活かしましょう。バランスを崩さぬようお気をつけください。

気分次第

こんなことがありました。前日に彼氏と別れた(broke up)女性の先生の気分がとんでもなく悪い。授業中も包み隠さず、負のオーラが漂っています。授業ではなく恋愛相談。相談できるぐらい英語力があがったのかなとふと思いましたが、本末転倒です。

会話から何から、うまくかみ合わない

まずはかみ合わせる努力をしましょう。しかし、どうしても合わないことはあるものです。しかし、どうがんばってもかみ合わない場合は、変更することも必要です。貴重な時間を十分に有効活用するための最善の方法をとりましょう。

長期留学ではマンネリ化することもある

私は留学中に先生を変更することはありませんでした。そのためいい意味でも悪い意味でも、マンネリ化してしまっていたので、メリハリをつけるためにも途中で変えても良かったかなと思います。もちろんずっと同じ先生でもしっかり授業を充実したものにできます。結局は自分自身をしっかりとコントロールすることが重要です。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

記憶を定着させるコツ

インプットばかりの現代

10年前に比べれば、現在の僕らは想像もできないほど大量の情報を簡単に入手することが可能になったような気がします。スマホやクラウドのおかげでいつでもどこでも手軽に情報にアクセスできるわけですもんね。そんな大量の情報を蓄積するために、様々なツールが登場してきました。例えばそんなツールの代表格といえば Evernote がそうですね。もちろん僕も Evernote のヘビーユーザーです。

 情報に簡単にアクセスできるのはとても素晴らしい環境であることは間違いありません。でも、最近僕自身気になるのは、スマホアプリで読んだ内容をほとんど覚えていないことです。もちろん、読んだ時に Evernote に放り込んだりもしてますが、Evernote にクリップしたことすら覚えていないわけです。これは年齢から来る記憶力の低下だけはないような気がしてなりません。だと信じたいのです。

覚えきれないから「スマホにメモ」ではダメな理由

当たり前ですが、スマホでWebサイトをクリップしたり、リンクをメールで送信したりするのはとても簡単で手軽ですが、それゆえに、簡単に忘れてしまうわけです。忘れても良いじゃないか Evernote のメモを見ればわかるんだし、最悪 Google 検索すれば直接Webサイトにアクセスできるし、と思いますか?

 僕はこれではダメだと考えています。なぜならば、知識というものは僕らの頭の中でデータベースのように、決まった場所で、決まった形式で保管されているわけではないからです。どういうメカニズムで記憶と情報の取り出しをしているのかはわかりませんが、もっとイイ意味でいい加減です。このいい加減さによって、ある日突然、あの情報と、この知識と、その経験がくっついて、全く新しいアイデアがスパークするわけです。

 この時に、知識や情報が不足していたら、頭の中でそのようなアイデアの熟成は起きません。もちろん、それだけでなく、議論や討論の時に知識不足を補うためにいちいち Evernote やら Google 検索なんかをしているようでは、ディカッションをリードすることなんてできっこないでしょう。

そう考えるとこれだけITが進化した現代においても、やはり頭に詰め込む知識は極めて重要なんじゃないかと思います。それがなければ新しいアイデアや、最適な問題解決もなかなか出て来ませんから。

記憶を定着させるコツ

ちなみに僕が実践している記憶を定着させるコツは、とにかくアウトプットです。インプットをどれだけ効率化しても記憶にはなかなか定着しません。でも、環境的にも手軽なため、多くの人がインプット(=スマホやアプリなどを駆使すること)に比重を置いているのが現実でしょう。それに対してアウトプットとは、

  1. 感想文を書く
  2. 誰かに教える

 

この二つが基本です。もちろん、感想文と言っても原稿用紙に書く必要はありません。 Evernote で十分です。ここでの Evernote はインプットではなくアウトプットのためのツールとして活用しているわけですね。もっと短ければ、読んだ記事などに感想をくっつけて Tweet をするというのもあるでしょう。もちろん、アウトプットの文章は長いほど記憶に焼き付くので、本気で覚えたければ Tweet する程度ではなく、本気で作文して、ブログにでも書いた方が良いでしょう。これだけで記憶は50%くらいは定着する気がします。

 そして、それをさらに誰かにレクチャーなどをすれば、その記憶は80%、90%と高まっていくわけです。これはよく聞く話ですが、誰かに教える時は、そのために自分自身がもう一度内容をあらためたり、相手が理解できるように噛み砕いたりするわけですから、その過程でよく覚えられるわけです。僕自身、マーケティングに関する知識や経験は実践で積んできたつもりですが、やはり本を書く時に、あらためて原書を読み直し、わかり易い表現を考える中で、記憶がよく強く定着したことは間違いありません。

 学生の頃から英単語カードや年表や公式など一生懸命インプット作業に時間を費やしていましたが、アウトプットの方がよっぽど確実に覚えられるという大原則にもっともっと早く気づいていれば、あんなに多くの時間を勉強に費やす必要もなかったのではなかろうかと悔やんでいる次第です。

 インプットよりもアウトプットの方が頭を使うので面倒と言えば面倒ですが、インプット、アウトプットをバランス良くやれば、結局記憶はよく強く、そして早く定着するのではないかと思います。

0