【フィリピン留学ブログ】ハンバーガー・・時々・・はんばーがー

お久しぶりです。

久しぶりの投稿で何を題材にするか迷いました。やはり梅雨まっさかりですので、雨の話題もタイムリー・・・ですが、そこを全く意に介せず、今回はフィリピンで食べたハンバーガーについて少しお話します。

ハンバーガー・・・どーん!!

 

これは「ブラザーズ・バーガー」というお店のハンバーガーです。 マニラやバギオなどの中心地にあります。
もちろん牛100%のシューシーかつボリューミーな、それはそれは高カロリーな一品です。

私がフィリピンに留学していたときに通っていた学校は田舎にありましたので、残念ながら普段はマクドナルドに足しげく通っておりました。二日に一回ぐらいのペースで。

フィリピン人はといいますと、なぜかバーガーが大好きです。というか肉が好きです。牛肉・鶏肉・豚肉。野菜はマンゴーです。 魚は・・・。要するに味付けが豪快なので、なかなか美味しいものに出会えませんでした。

焼くか煮るか、この二つの選択肢が基本となっていた印象を受けました。そんなわけで、私も外でご飯を食べる機会が多くなりましたが、外に出ても選択肢は限られますので、どうしても数多くあるバーガーに行ってしまう。栄養が偏れば頭も回らなくなり、勉強がはかどらない。まさに悪循環です。

勉強をするためには環境が劣悪では、体に支障をきたすこともままあります。

そんなことにならないように、フィリピンないし海外へ出る皆様は食への対応も念頭に置いておくとより充実できる生活を送ることが出来るでしょう。

学校選びのポイントの一つに食事も入れてみてください!!

 


First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

4

【フィリピン留学ブログ】興味があるのは食べ物だけ?

前回に引き続き、単語のせいで伝えたい意味とは少し違う形で、相手に伝わっていた件に関して書いてみます。

いつもの通り、毎日何かあるようでない日々を日記にして先生の添削を受けていました。日常で特に真新しいことは起きません・・・滅多に。そのため途中から日記というより、日本の歴史の紹介や一風変わった文化をまとめて説明するような形式に変わっていました。

そんな中でも少しは当たり障りのないことも書きたいんです。

ルームメイトとの文化の違いによる認識の不一致(彼の性格によるところが大きかったのでは・・・)や、一緒に外でご飯を食べたこととかです。

I ate dinner with my friend yesterday that was my last day in this school and I will never forget him who is one of my best friend.

まあこんな感じで書きました。

・・・英語での婉曲的な表現がうまく出来るほど語彙力があるとは言えない状況ですと、どうしても直球表現になってしまい、日本語で言うとこっぱずかしい意味になってます。まず、日本語ではこんなこと言わないだろって、我ながら突っ込みをいれたいところです。そんな訳で和訳はしません。

こんな時にも私の先生はびしっと添削。

It is better to use “have” than “eat”.

友達と楽しいdinner timeを持ったというニュアンスの方が自然だと説明してくれました。”eat”では食事が主体となるので友達はあくまでも付属品みたいだと言ってました。たしかに、それだと伝えたいこととずれているなと納得。 今までは特に気にせず使っており、あまり深く考えていませんでした。

ということは、誰かを食事に誘うときは”eat”ではなく”have”を使うほうが自然なんですね。

“eat”を使う場面としては、フィリピン留学中にどうしても日本食が恋しくて、食べたくて食べたくてしょがないとき。そんなときには・・・

I want to eat Japanese food…especially SUSHI !!!

 


First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】休日の間ずっと宿題!?

フィリピンでの留学生活の間はひたすら復習と予習、そして宿題をしていました。特に最初の内は書くことは出来ても、いざ会話になると流暢に話せない。そんなことが多く結構ストレスもたまっていました。

たくさんの宿題の中でも、毎日の日記は大変だった記憶があります。(今思えば、内容は一日に起こったことをただ書いていた小学生の夏休みの宿題のようなもので、もう少ししっかり書いて欲しかったです。あの頃の自分にそう伝えたい。。。)

それでも大変だったわけです、当時の私には。

そんな日記で起こった、ちょっとした話です。

週末を迎えるとやはり、学校から外に出て現地のショッピングセンターや、日帰り旅行などで平日に鍛えた英語力を試すと同時に、ストレス解消をしてました。そして、週明けの授業ではこの週末どこに行った、何をしたかなどを授業の冒頭で先生とやりとりする流れが出来ていました。(先生ごとに繰り返しあるわけですが、ある意味同じ内容を数回話すことで、意外といいトレーニングだった気がします。)

その中でも日記を宿題としていた先生の場合、休みの日は日記免除でしたので週明けは金曜日に書いた分の直しと、そのあと休日の出来事を五分間でまとめて話すといったことをしてたわけです。

そんなことが数週間もたち、かなり慣れてきた頃に先生に日記の内容で賞賛を受けました。

「Wow!! You are good student because you did your homework throughout last weekend right!? I’m so happy!!」

「(はて、なんのことだがさっぱりだけど)・・・Of course!!!」

しかし、先生とも長い付き合いでしたので一種の冗談でした。なぜこんなことになったかというと、私の文法が間違っていたからです。

“by”と”until”

この二つを混同していたために、私は素晴らしい生徒になったわけです。一瞬だけ。

“by”と”until”には以下のような意味があります。

「~までに」と「~まで(ずっと)」

“by”は期限を意味する「~まで」

こんな感じです。

I will do my homework by Sunday.

日曜日までに宿題をする。

“until”は継続を意味する「~まで(ずっと)」

こんな感じです。

I will do my homework until Sunday.

日曜日まで、ずっと宿題をする。

・・・そうです。”until”を使ってしまうと勉強大好きな、素敵な生徒になるんですね。

お気づきの通り、私は文法上は正しいが内容上大いなる勘違いを生んだ”until”の文を日記に書いていました。そういうわけで、先生は私に上述の言葉をかけてくれたわけです。(結局先生には間違っていることが簡単にばれていました。それはそれで少し悲しい)

そんなわけで、このような経験があるとニュアンスをつかむのが中々難しいほかの前置詞でも、自然に使い分けが出来るようになります。(すこしこじつけですが)フィリピン留学の際は日記を留学中に書くことを是非お勧めします。


First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】フィリピン留学をよろしく!! powered by ブラックジャックによろしく

流行に乗り遅れていますが、ちょっと試してみたい事がありました。

ブラックジャックによろしくの二次利用。

これをフィリピン留学の紹介に使ってみたらどうなるか・・・少しかじってみました。

 

・・・この続きも作ってみたんですが、それは後日またご紹介できればと思います。

さて、先に続くのはどんなストーリーでしょうか。もしお時間があれば下記の吹き出しに思いついたことを入れてみてください。下記の画像をクリックして頂ければ、ダウンロード可能にしてあります。

 

こういった二次利用が色々な場で広がっていくと、面白いなと思います。

ちなみに、原作である「ブラックジャックによろしく」はこちらで無料で全巻読むことが出来ます。内容もとても面白いと思いますので、お時間があるときにダウンロードの上読んでみて下さい。

「ブラックジャックによろしく」ダウンロード

0

【フィリピン留学ブログ】格安アジア周遊のすすめ

フィリピンには日本からも格安航空が就航していることは以前のブログでも述べておりますが、もともとフィリピンには格安航空が就航しており、プロモーション価格を利用すればフィリピンからアジア諸国に格安で訪れることが可能です。

格安航空では定期的にプロモーション、つまりセールが実施されています。

日本で増えてきている格安航空会社も実施しておりますので、常に情報を把握されておきたい方は、メール会員登録やSNSでお気に入りに追加しておくといいでしょう。海外はもとより、国内の移動にもセールは適用されますので、毎年決まった時期に帰省されるのであれば、かなり費用を抑えることができるはずです。

少し話しがそれましたが、上述したように格安航空では定期的にセールが実施されます。これを利用しない手はないのです。

フィリピンに留学している間に時間を作れるのであれば、成長著しいアジア圏を周遊、視察することはとても有意義な経験になりますので是非ともお勧めします。

ちなみにフィリピンのマニラからは、インドネシア・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・台湾・韓国・中国・香港などのアジア諸国にセブパシフィック航空で渡航ができます。

プロモーション価格もとんでもないときには・・・

片道のチケット代が100ペソなんてこともあるんです。

・・・何て日だ。

もちろんそれに手数料が追加されるわけですが、それでも日本から向かうよりは断然安く抑えることができます。

是非一度セブパシフィック航空のページをご覧ください。

日本語版のページもありますが、せっかくですから英語で見てみてください!!

セブパシフィック航空へはこちらから!!

また留学が長期にわたる方にはちょっとしたテクニックになりますが、VISAの更新日などを計算して、ちょうどのタイミングで一度フィリピンを出てアジアを周遊し、またフィリピンに戻ってくる。

これで21日までは再びVISAなしで滞在が可能となる、という方法を利用されている方も私が留学をしているときにいらっしゃいました。

それに、こちらに挙げた国々には短期の滞在であれば、インドネシア以外では日本人はVISAの申請が免除されています。(インドネシアも空港到着時にVISAの取得が必要となりますが、要件を満たしていれば取得に問題はありません)

このような状況を活かして、フィリピン留学の間に少し足をのばして、外から日本をみる経験をして頂きたいです。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

1