【フィリピン留学ブログ】時間の創出~英語漬けの10日間~

二週間は長いでしょうか。短いでしょうか。土日を除くと10日ですね。

「14,400分」です。

ここから以前ご紹介した授業時間にあたる(一日8時間とった場合)、4,800分を除くと「9,600分」です。さて残りの時間には睡眠時間が含まれていますね。何時間寝ましょうか。

GEの祖であるトーマス・エジソンの名前を聞いたことの無い方はいないでしょう。では、彼は一日平均で何時間睡眠していたと言われているでしょうか。答えは「合計で大体三時間」だそうです。しかも数回の仮眠を合計してとのこと。まさに一心不乱に発明に取り組んでいたんですね。しかも彼は84歳という高齢までこのサイクルを続けていたというから驚きです。彼は自身の生活を振り返り「私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功は覚束無かった筈だ」と話したそうです。

さて、何もエジソンになりましょうと言いたい訳ではございません。そんなの出来ないという方の意見も理解できます。しかし、本気で二週間で英語を使えるようになりたい。絶対に後悔したくないのであれば睡眠時間を英語の時間に充ててみるのも一つだと思います。会社に勤めているときとは違い、自ら英語に取り組みたいという気持ちが少しはあるから留学するわけです。自分自身が驚くぐらい英語漬けになれるんです。環境は整っているんです。あとはあなた次第です。

私が実際に二週間続けた一日のスケジュールを参考までに載せておきます。

 

5:00-6:00 起床+前日の復習
6:00-6:30 朝シャワー
6:30-7:00 音読
7:00-7:30 朝食
7:30-8:00 仮眠
8:00-10:00 授業
10:00-12:00 授業
12:00-12:30 昼寝
12:30-13:00 昼食
13:00-15:00 午前中の復習+授業の予習
15:00-16:00 談笑(フィリピン人と英語で)
16:00-18:00 授業
18:00-18:30 夕飯
19:00-21:00 日記(英語です)+翌日の予習+音読
21:00-22:00 談笑(フィリピン人と英語で)
22:00-22:30 仮眠
22:30-23:00 シャワー
23:00-2:00 復習+音読
2:00-5:00 就寝(途中から夢でも英語です)

 

・・・今見ても英語漬けでしたね。我ながら驚きです。合計で英語を使っていた時間は授業時間も含めて「990分」。これを10日続けましたので、

「9900分」です。

(夢で見た英語の時間は含みません)。ちなみに睡眠時間はというと、残念ながらエジソンにはかないませんが、合計で「四時間半」です。結構寝てますね。皆さんのお仕事が繁忙期であれば変わらないと思います。

何も寝なかったということを自慢しているのではありません。二週間という限られた期間に全身全霊で英語取り組んで頂ければ、どなたでも話せるようになるんです。是非とも実際に実行してみてください。たったの二週間だけ英語のことだけを考えてみてください。壁が一度外れれば、そこには違った景色が広がっています。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】レガシーキャリアと格安航空会社~go to abroad~

“レガシーキャリア”、なにか伝統ある経歴の持ち主のことを呼んでいるようですね。でも今回はキャリア違いです。キャリアはキャリアでも”career”ではなく”carrier”。運び手です。つまり、航空会社のことですね。

レガシーキャリア(Legacy Carrier)というのは直訳すると伝統的航空会社、つまりJALやANAなどの大手航空会社のことを表しております。それに対して、最近日本でもよく耳にするようになっている”LCC”。これは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)というpeachやJetstarなどの格安航空会社を表しております。

フィリピンに行く際も上記の二種から選択することが可能です。最大の違いはもちろん価格ですが、サービスについてはどうでしょうか。以下にエコノミークラスでの一般的な項目について比較した表を載せますのでご参考ください。

 

LCC LC
航空券(往復)*1 ¥29,500~36,500 ¥45,000~¥80,000
機内食*2 ¥2,600追加で可能 ついている
受託荷物(25kg) ¥3,200追加で可能 ついている
ブランケットなどの機内グッズ*3 ¥1,000追加で可能 ついている
合計 ¥36,300~43,300 ¥45,000~¥80,000
機内の座席モニター 基本ついていない 基本ついている
シートの感覚 かなり狭く感じる せまいがエコノミーでは仕方が無い
乗務員の数 圧倒的に少なく、対応もどこか・・・ エコノミーでも丁寧に対応
搭乗案内時間 ぎりぎり 多少余裕あり
遅延・欠航の頻度 LCに比べて遅延や欠航が多い 大きな問題が発生しない限り基本的には少ない
搭乗口 空港の端にあることが多い 各航空会社による
払い戻し 通常プランでは対応しない 各社規定の範囲内で対応

*1 2012/12/11現在の燃油代金、その他諸税を含めた金額

*2 jetstarを参照

*3 実際は¥1,022ですが合計金額を見やすくするために、切り下げております。

 

きりがありませんが、要するにLCCは移動のみを考えればLCの最安値と比べても最高値が上回ることはありませんのでお得といえます。

さらにLCCに関しては、定期的にセールをおこなっておりますので、事前にメンバー登録を行っておけば情報を受け取ることが出来、かなり安い金額で渡航することが可能です。しかしながら、仕事の合間の長期休暇など時間が限られている方には、多少代金が高くなりますが大手航空会社で向かったほうが無難であるといえます。快適ですし。ここは皆様にお任せしますが、LCCは便も多くありませんので。

ただでさえ不安なフライトですから、飛行機が遅延しないか欠航しないかなどの要素は出来る限り低く抑えておきたいところですしね。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】input and output

事前準備。これは何をするにしても必ず必要なことです。土台を固めることは事前準備といえますね。体幹を鍛える、基礎を組む、資料を集めるなど取り組む対象は違えど、しっかりと根本の部分を押さえておけばいざというときに力を発揮するんですね。

前回お聞きした「仕事の商談に向かうとき事前に何を準備しますか。休日初めての場所へ行くとき何を準備しますか。」という問いの答えですが、徹底的に取り組む対象のことを調べ上げるということと、自分がするべきことを完全に把握しているかということです。ぶっつけ本番でうまくいくこともあるでしょうが、長い期間で統計をとったならば成功確率は低い水準でしょう。商談時のシュミレーションをした場合としない場合の大きな違い、初めて行く場所へ下見をしたときとしない場合の違い、違いをあげればきりが無いのでやめますが、何事も事前の取り組みが明暗を分けるんですね。前回のスポーツと同じです。

では、英語学習に関してはどうでしょうか。

確かに留学すれば話せるようになります。しかし、渡航前にあることをしたかしないかで個々人の成長速度にはとてつもない差が出ます。本当です。これは留学を経験された方、留学エージェント、現地のスタッフなどの全ての人間が共通するところです。

”単語力+文法力”

これに尽きます。どれだけしっかり蓄積してきたか。毎日通勤の電車の中は何をしていますか。家に帰ったらTVを見て横になっていませんか。一日30分もとれませんか。一切隙間時間はないと断言できる方も、ご自分の一日のタイムスケジュールを記録してください。隙間時間はありますよね。それを将来の自分への投資に使ってください。自分への資本金として時間を投資してください。時は金なり(Time is gold)という言葉通り、投資をしましょう。どんな投資よりも効果的です。自己資本力が高い企業が生き残るんです。自己資本力がが高い個人が輝くんです。未来の自分に投資をしているんですから継続できます。そして驚くべき効果を発揮します。まさかとは思いますが、このブログを読んでる時間を充てるのは・・・お任せします。正直そうして欲しいぐらいです。ここから発信する情報があなたへの留学に少しでも力になるのならば、気づきになるのならばとても光栄なことです。

さて、ではなぜ”単語力+文法力”が必要なのか。

前回のブログで述べたように、私は英語に対する話す・書くなどのいわゆるoutput作業に二週間~四週間で抵抗感が無くなっていったんです。そして私は二週間あれば話せると自信をもって断言します。そうです。”単語力+文法力”が備わっていればoutputをできる体制は二週間で整うからです。24時間英語に集中して取り組めば、一週間が経ったころに一気に話せるようになります。あとはとにかくoutput作業の繰り返しです。話して書いて声に出して読んで。音読音読音読。国語と同じです。ひたすら文章を読み倒す。穴が開くほど本を読んだことがありますか。それぐらい音読をするんです。そうすれば話せる。約束します。

そのために、留学前に単語と文法を徹底的にinputしてください。基礎です。どれだけinputできたかでoutputのできる範囲が決まります。当たり前のことですが、outputはinputの量と比例します。inputしただけoutputが出来るんです。これはわかっていても出来ない方が多いですが、もちろん出来ている方もいますね。他の方がなかなか出来ないことをしている人が、しっかりと成果を出すんです。二週間でぺらぺらになって日本に戻るんです。なぜなら、ただ話す訓練をしていなかっただけなんです。使う方法を知らなかった。いや、集中して出来る環境がないんです。一日英語だけに囲まれて生活することは日本では難しいんです。

留学期間は英語を使用する期間に充てましょう。outputに集中しましょう。そのために日本にいる期間にinputをひたすらしましょう。働いている方が留学を決意するのは、実際に留学をする期間の大分前のはずです。時間はあるんです。inputしましょう。以下にお勧めの本をご紹介します。しかし、方法はなんでもかまいません。今はスマートフォンアプリが充実していますので、移動時間はそれを使ってください。ゲーム感覚でもしないよりしましょう。毎日知識を蓄積してください。自己資本力の高さがものをいうんです。

・単語(絵で見る英語をお勧めします。なにがいいって棒人間の絵ですね。)

・文法

あくまでも独断でのご紹介です。使用する本はなんでもかまいません。ご自分にあったものでinputを徹底的に行ってください。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】ゴルフと英語の類似性~そもそも論~

なんていう題名をつけてるんだと言われかねませんが・・・昨年は、藤田選手が賞金王になりましたので(全く関係ないですが)ご容赦ください。(個人的(personal view)には池田勇太選手を応援してます)

しかし、ゴルフは難しい。私はゴルフ暦4年ですがちっとも上達しません。ラウンド前には仕事を早く切り上げて練習場に通っているにも関わらず、”フォアー(fore)”の発音が良くなるばかり。しかも、他の単語の発音(pronunciation)は停滞中。”fore”の発音向上は私だけかもしれませんが、ちっとも上達しないという経験をされている、もしくはされてきた方は数え切れないでしょう。では、これはなぜなのか。なぜ、練習をしているのに大して上達しないのか。もう分かっているよという方もしばしお付き合いください。もう一つ、体験談を述べます。

私は小学校四年生から高校一年生の冬までバスケットボールクラブに所属(belong to)していました。特に中学校三年間は毎日バスケット三昧でした。今思えば素敵な思い出ですが、当時はつらかったです。チームも大会では一回戦負けが普通で、一つ勝とうものなら大喜び。そんな中、学校の体育のバスケットでは各部員が大活躍します。皆さんも運動部のご友人が所属の部の種目で活躍していたのを覚えていることでしょう。しかしながら、私のように全ての部が強かったわけではないですよね。大会一回戦負けが半分はいるわけですから。では、なにが違うのか。( What is the difference ) なぜ大会ではボロ負けなのに、体育では大車輪の活躍をするのか。これは、毎日同じスポーツを繰り返しているからです。これはスポーツだけにとどまりませんよね。もちろん効率が良い悪い、基本の能力が高い低いも関係します。ただ、偉人が口をそろえて言うことは”継続は力なり”ですね。ありきたりですが、これに尽きる。

では、少し戻ってなぜゴルフが上達しないのかの問いにお答えしましょう。。もう必要ないと思いますが。

毎日練習していないからです

ゴルフを上達する近道は毎日練習することです。ゴルフはスポーツです。練習量がものをいいます。練習してください。常にゴルフのことを考えてください。恋人を思うよりもゴルフを。三度の飯よりゴルフを。これが一番の近道ですね。環境をゴルフだけにする。・・・とはいえ、これは現実的ではありません。プロゴルファーではございません。先ほど申し上げたように”継続は力なり”ですので、週に一度は練習しましょう。・・・念のため申し上げますが、ゴルフの上達ブログではありません。

さて、ここまでの話を英語学習に置き換えますよ。やっとたどり着きました。前回の問いは「なぜ、日本人は教育課程で英語を学んできているのに、こんなにも英語を話せないのか。」でしたね。それでは答えを明らかにします。

毎日英語使っていないからです

私たち日本人はwiting能力は高いのに話すことのできない人が多いですね。これは絶対量としてのoutputの時間が少ないからです。私は三ヶ月間フィリピンに留学していましたが、英語に対する壁が二週間~四週間で薄くなっていきました。それはつまり、話す・書くなどのoutput作業に抵抗感が無くなっていくということです。自分のinputしている英語をどんどん話すことができるようになり、聞くこともできるようになりました。これはなぜか。それは、私が四六時中英語を使う環境に身を置いていたからです。授業は六時間でしたが、そのほかの時間も宿題、Reading・listening・単語・文法学習、教師人と自由時間に会話など、寝るまで英語、起きても英語。これです。更に途中から寝てても英語です。(夢も英語で見ます。本当です。夢の中でも授業を受けるなんて、拷・・・天国でした。)

もちろん英会話教室を否定しているわけでも、独学では無理と言っているのではありません。ただ、今後知り合いに”短期間で英語を上達(使用)することができるようになるのは何がいい”と聞かれたときは、まずフィリピン留学をお勧めします。短期間で抜群の効果を発揮するんですね。私は経験から二週間で十分だと感じています。もちろん時間が許すのであれば長期滞在すれば効果はあるでしょうが。ただし、私の言った”二週間で十分”という意味は、四六時中英語の環境に飛び込む上で絶対にして欲しい準備をした方にのみ効果があります。断言します。渡航前の準備ができていなければ何の意味もありません。(言い過ぎかもしれませんが、費用対効果と効率化を最大限に引き出すためです。)

ここでどのぐらい授業時間(マンツーマンで比較)違うのか簡単な表にまとめます。

フィリピン留学(FEA)*1 一般的な英会話教室
(マンツーマン)
一回 50分 40分
一日 400分 40分
一週間(5日) 1800分 40分
二週間(10日) 3600分
(¥128,000)
80分
約一年十ヶ月 too much 3520分(¥200,000)*2

※1:FEAのカリキュラムは一人部屋で、一日6時間のマンツーマンレッスン+2時間のグル-プレッスン。金曜日は午前中のみ。費用には授業料、テキスト代、朝食代、デラックスルーム宿泊費、電気水道代、洗濯サービス、空港ピックアップサービス、無線インターネット使用代が含まれます。

※2:月額¥20,000-、入会金、テキスト代が含まれます。

改めて表にしてみて驚きました。英会話教室だと、フィリピン留学の二週間分を消化するのに、約一年十ヶ月もかかるんですね。

期間にして40倍。しかも費用約1.5倍

 

さて本論に戻ります。絶対にしておかなければならない事前準備ですが、パスポート、航空チケット、留学先の学校・・・などの事務的な部分ではありません。英語学習の根本に関わることです。それは・・・次回お届けします。このパターンは定番になりそうですね。”続きはWebで”と同じですね。

最後に一つ質問です。

皆さんは仕事の商談に向かうとき事前に何を準備しますか。休日初めての場所へ行くとき何を準備しますか。

それでは、また次回ですね。継続は力なりです。オフシーズンこそ練習ですよ。三月にはゴルフ仲間を驚かせましょう。・・・練習場行ってきます。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】

フィリピン留学特集です。

突然ですが、フィリピンは世界で英語を公用語にしている人口が何番目の国だと思いますか。

答えは世界三位です。

アメリカの名だたる企業のコールセンターがフィリピンに集まっている理由がわかりますね。ちなみにコールセンターで働いているフィリピン人はアメリカの時差に合わせて出勤時間がAM0:00という、ものすごく昼夜逆転の生活をしております。その分給料や福利厚生はフィリピンの企業とは段違いだそうです。家族全員の医療費が無料だったりするそうです。あとコーヒーも飲み放題って言ってました。どうでもいいついでに、フィリピンのコーヒーは噴出すほど甘い!この辺についてはいつか詳しくお伝えしようと思っていますが、留学先でフィリピンの友人ができて、コーヒーを作りあう中になったときに体験することになりますので楽しみにしててください。ちなみに日本にもあるアメリカ出店のコーヒー店も、日本よりも大分甘く出てきます。

さて、余談はこの辺にしておきましょう。上述の通りフィリピンは世界3位の英語公用国なんですね。そんなフィリピンで語学留学をする。物価も日本と比べて1/3~1/5。ビールをスーパーで買おうものなら30ペソ。1ペソ=約2円なので・・・なんとビールが一瓶60円!!これでは毎日飲ん・・・とどのつまりとにかく日本と比べて体感物価が安いこの国の中でも、おおよそ留学先は4箇所に集約されます。今回は表でその辺りを簡単にご紹介をします。(なぜここまで物価に差が出ているのか、要因はなんなのか。この辺についてもどこかで取り上げられればと考えております)

※下記の表はあくまでも一般人の主観ですので参考程度とお考えください。

 

セブ バギオ マニラ その他の地域
雰囲気 リゾート地で有名なため、きれい。観光地のためインフラが発達している。 避暑地(山間部のため)
夏場はお役所がマニラから移転してくるので夏の首都と呼ばれる。
首都、学校のある地域はマカティなどのIT企業が集まる場所だったりするので、他の地域に比べてビジネス色の雰囲気が強い。 田園地帯や秘境などの危険とは程遠い地域。
ところどころに大きなショッピングモールがある。
気候・空気 常夏。ダイビングしたいですね。いい空気。 一年を通してとても過ごしやすい。しかし、雨季(6-10月)はほぼ毎日雨のため初めての留学にはあまりお勧めできません。 常夏。車も多く、都会特有の雰囲気です。住む場所によって変わるのも都会特有ですね。ただ、学校のある地域は安全なところです。大抵は。 常夏。雨季もそこそこ雨が降ったり降らなかったり。田舎って素敵ですよね。
アクセス 直行便
初めての方は送迎サービスの利用を勧めます
マニラから、送迎車で6-8時間。これがつらい。
(夜は到着早いです)
直行便
初めての方は送迎サービスの利用を勧めます
マニラより送迎で数時間移動
マニラから乗り継ぎなどなど
学校数 多い 多い そこそこ ターラック、クラーク、ダバオなど
費用比較 リゾート地のため割高ではあるが、その分インフラや生活環境は良い 学校数も多いため他の地域と比べて相対的に安い 都市部にあるため田舎の学校と比べれば割高だが、各所へのアクセスは良い 田舎にあるため安い学校が相対的に多い
人間 学校が多い分、選択可能。日本人経営は初回の留学には適していると思います。 韓国人がとにかく多い。いたるところに韓国人。
韓国の友達は間違いなくできます。もちろん日本人もいます。
日本人経営や、韓国人経営などにより偏りはでます。
これはどこも共通です。
日本人経営や、韓国人経営などにより偏りはでます。
これはどこも共通です。
筆者お勧め校 FEA(実は弊社の社員のお知り合いの方が経営しているんです。そのため太鼓判を押してお勧めできます。また、弊社にお申込頂ければ入学金はいりません) GETS(こちらは今年の5月にできた新設校ですが、とても評判がよく、まだ少人数のためアットホームです。また教師人が全員TOEICの点数がほぼ満点という高レベルです。) 個人的にはあまりマニラは・・・
もちろん素敵な学校はたくさんあるので調べてみてください!
CNE1(なにを隠そう、筆者の留学先です。この学校はターラックという田舎のど真ん中にあり、とてもいい雰囲気でした。経営者も日本人の方ですし。

 

細部まで読んでいただいた方(ありがとうございます)はお分かりでしょうが、実は弊社において留学斡旋事業も行っているんですね。これはなぜなのか。ただ流行にのっただけなのか。それは・・・次回お届けします。じれったいですね。私も書いてしまいたい。しかしながら、長くなるのもいささか具合がよろしくないですので、お楽しみに。

最後に、始めたばかりのブログで愛すべき読者の方がどのぐらいいるのかわからない中ですが、次回までにお考えいただきたい問いかけを一つ。

「なぜ、日本人は学校教育で英語を学んでいるのに、英語を話せないのか。」

あらためて、考えてみて頂けますでしょうか。それではまた、近いうちにお会いしましょう。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0