【フィリピン留学ブログ】格安アジア周遊のすすめ

フィリピンには日本からも格安航空が就航していることは以前のブログでも述べておりますが、もともとフィリピンには格安航空が就航しており、プロモーション価格を利用すればフィリピンからアジア諸国に格安で訪れることが可能です。

格安航空では定期的にプロモーション、つまりセールが実施されています。

日本で増えてきている格安航空会社も実施しておりますので、常に情報を把握されておきたい方は、メール会員登録やSNSでお気に入りに追加しておくといいでしょう。海外はもとより、国内の移動にもセールは適用されますので、毎年決まった時期に帰省されるのであれば、かなり費用を抑えることができるはずです。

少し話しがそれましたが、上述したように格安航空では定期的にセールが実施されます。これを利用しない手はないのです。

フィリピンに留学している間に時間を作れるのであれば、成長著しいアジア圏を周遊、視察することはとても有意義な経験になりますので是非ともお勧めします。

ちなみにフィリピンのマニラからは、インドネシア・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・台湾・韓国・中国・香港などのアジア諸国にセブパシフィック航空で渡航ができます。

プロモーション価格もとんでもないときには・・・

片道のチケット代が100ペソなんてこともあるんです。

・・・何て日だ。

もちろんそれに手数料が追加されるわけですが、それでも日本から向かうよりは断然安く抑えることができます。

是非一度セブパシフィック航空のページをご覧ください。

日本語版のページもありますが、せっかくですから英語で見てみてください!!

セブパシフィック航空へはこちらから!!

また留学が長期にわたる方にはちょっとしたテクニックになりますが、VISAの更新日などを計算して、ちょうどのタイミングで一度フィリピンを出てアジアを周遊し、またフィリピンに戻ってくる。

これで21日までは再びVISAなしで滞在が可能となる、という方法を利用されている方も私が留学をしているときにいらっしゃいました。

それに、こちらに挙げた国々には短期の滞在であれば、インドネシア以外では日本人はVISAの申請が免除されています。(インドネシアも空港到着時にVISAの取得が必要となりますが、要件を満たしていれば取得に問題はありません)

このような状況を活かして、フィリピン留学の間に少し足をのばして、外から日本をみる経験をして頂きたいです。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

1

【フィリピン留学ブログ】安い!せまい!~格安航空会社(LCC)~

格安航空編第二弾。題して、実際に乗ってみた編です。

私はフィリピンに行く際にjetstarを利用しました。格安航空が日本で浸透していく中で、成田から福岡に行く用事の際にAirAsiaJapanを利用したこともあります。共通して感じた大きなことは二つ。「とにかく安い」、「とにかくせまい」ということです。それでは順を追ってご説明しましょう。

「とにかく安い

これは格安航空会社のHPをご覧いただければ、すぐに分かりますがとにかく航空券の代金が安い。初期状態ではサービスは最低限のものしかついておりませんが、機内食やアメニティーグッズ(和製英語です)を追加しても安い。これについては前回の表に簡単にまとめておりますのでご参考ください。ちなみにフィリピンに行く際に利用できる格安航空会社は成田空港からは”jetstar”、関西国際空港からは”jetstar+セブパシフィック”の二社があります。ウェブでのチェックインについても煩雑な作業は特にないので、このブログをご覧頂いている方にはそのあたりのご心配は不要でしょう。

「とにかくせまい

※あくまで主観です。

せまい!最初に格安航空の機内に入ったときの感想です。本当にせまかったです。となりにヘビー級のボクサーが座ったらどうなることだろうかと心配していましたが、幸い来ませんでした。もちろん冗談ですが、なんにせよ狭かったです。横幅も前の席との間隔も。シートを倒されようものならもう大変です。個人的には4列の通常バスで長距離移動するよりも厳しかったです。(実際に私がjetstarを利用したのは、友人の結婚式に出席するためのフィリピンからの一時帰国の際でした。このときには既にフィリピンで長距離のバス移動を何回も体験しておりましたので、言うほどせまいということがお分かりいただけると幸いです。 ちなみにバスなどの交通機関についても今後のブログでご紹介できたらと思っております)

実際に乗っている時間はjetstarを利用すると成田から”4時間40分”、関空から”3時間50分”。この移動時間ですと、とにかく狭いですが耐えられます(これ以上長いとつらいと思います)。空いている場合は、添乗員の方に一声かけて他の場所に移動させて頂くのも一つの手です。”Excuse me. Can I move there?(空いてる席の辺りを指差しながら)” これで十分伝わると思います。移動が制限されることもあるようです。

添乗員の方についてですが、大手航空会社を利用したほうが丁寧なサービスを受けられると思います。格安航空会社では人員が少ない印象を受けました。今後変わっていくところなのかもしれませんが。

上記にあげた航空券の代金以外の記述についてはあくまで私の主観ですので、せっかくの機会でもありますから、一度格安航空を利用してみてはどうでしょうか。

そして感想をお聞かせいただけたら幸いです。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

【フィリピン留学ブログ】レガシーキャリアと格安航空会社~go to abroad~

“レガシーキャリア”、なにか伝統ある経歴の持ち主のことを呼んでいるようですね。でも今回はキャリア違いです。キャリアはキャリアでも”career”ではなく”carrier”。運び手です。つまり、航空会社のことですね。

レガシーキャリア(Legacy Carrier)というのは直訳すると伝統的航空会社、つまりJALやANAなどの大手航空会社のことを表しております。それに対して、最近日本でもよく耳にするようになっている”LCC”。これは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)というpeachやJetstarなどの格安航空会社を表しております。

フィリピンに行く際も上記の二種から選択することが可能です。最大の違いはもちろん価格ですが、サービスについてはどうでしょうか。以下にエコノミークラスでの一般的な項目について比較した表を載せますのでご参考ください。

 

LCC LC
航空券(往復)*1 ¥29,500~36,500 ¥45,000~¥80,000
機内食*2 ¥2,600追加で可能 ついている
受託荷物(25kg) ¥3,200追加で可能 ついている
ブランケットなどの機内グッズ*3 ¥1,000追加で可能 ついている
合計 ¥36,300~43,300 ¥45,000~¥80,000
機内の座席モニター 基本ついていない 基本ついている
シートの感覚 かなり狭く感じる せまいがエコノミーでは仕方が無い
乗務員の数 圧倒的に少なく、対応もどこか・・・ エコノミーでも丁寧に対応
搭乗案内時間 ぎりぎり 多少余裕あり
遅延・欠航の頻度 LCに比べて遅延や欠航が多い 大きな問題が発生しない限り基本的には少ない
搭乗口 空港の端にあることが多い 各航空会社による
払い戻し 通常プランでは対応しない 各社規定の範囲内で対応

*1 2012/12/11現在の燃油代金、その他諸税を含めた金額

*2 jetstarを参照

*3 実際は¥1,022ですが合計金額を見やすくするために、切り下げております。

 

きりがありませんが、要するにLCCは移動のみを考えればLCの最安値と比べても最高値が上回ることはありませんのでお得といえます。

さらにLCCに関しては、定期的にセールをおこなっておりますので、事前にメンバー登録を行っておけば情報を受け取ることが出来、かなり安い金額で渡航することが可能です。しかしながら、仕事の合間の長期休暇など時間が限られている方には、多少代金が高くなりますが大手航空会社で向かったほうが無難であるといえます。快適ですし。ここは皆様にお任せしますが、LCCは便も多くありませんので。

ただでさえ不安なフライトですから、飛行機が遅延しないか欠航しないかなどの要素は出来る限り低く抑えておきたいところですしね。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0