論理的思考能力を鍛える

今やビジネスマンに常識となったロジカルシンキング

ロジカルシンキングという言葉が一般化し始めたのはたぶん2000年前後だったような気がします。僕がまだ青二才の学生さんだった頃で、マッキンゼーという世界で最も有名なコンサルティングファーム出身のバーバラ・ミントさんって人が書いた「考える技術・書く技術」という本によって一気に市民権を勝ち得たのではなかろうかと。わかんないけど。

MECE(ミーシー)なんて言葉が登場するのも、きっとそのあたりだったのではないでしょうか。たぶん。もちろん、僕個人としては、このロジカルシンキングって考え方は極めて重要で、かつ人間は思考する存在でありますから、全員がマスターすべき基本的なものだと思っています。できれば小学生くらいからロジカルシンキングのトレーニングを行うべきじゃないかと思ってます。

ロジカルシンキングは日本語でいうと論理的思考と言われてますが、その言葉の通り、元を探れば論理学って学問領域に入るのではないかと思います。ちなみにロジックの語源はロゴスです。そのロゴスを研究していたのはアリストテレスですから、さらに大きな領域で言えば論理学は哲学とも関係してきたりします。ロジカルシンキングというのは、決して最近のビジネス用語ではなく、大分昔から研究されていた学問なわけですね。

コンピュータを操るために絶対に必要な能力

文章の作成やプレゼンテーションの作成において、とても重要になるロジカルシンキングではありますが、これを鍛えるのは実際のところ、結構骨が折れます。戦略思考の教科書でも可能な限りロジカルシンキングについてわかりやすく解説しましたが、僕自身、これが鍛えられたのは間違いなくプログラミングを通じてです。プログラムは人が指示したコードの通りにしか動きません。正常な処理も、エラーも、バグもすべてコンピュータがロジック通りに動いた結果です。

現在ではプログラムを学習するサービスも多数出てきていますので、特に学生さんは将来プログラマになるならないに関わらず、論理的思考能力を鍛える上でプログラムを学習するのが良いのではないかと思います。知的生産業務に関わる上で、論理的思考をベースに仕事が出来る人と、それがない人では間違いなく大きな差がつくでしょう。それは報告書をひとつとっても言えることです。ロジカルシンキングを知っているのと、理解できているのと、当たり前のように使いこなすことは全く別物です。そして当たり前のように使いこなせるようになるには、実際に使う以外にないような気がします。筋トレと同じ。

ドットインストール

http://dotinstall.com/

コーディング道場

http://www.coding-doujo.jp/

Codecademy

http://www.codecademy.com/ja#!/exercises/0

当たり前の中に潜む矛盾に気づくこと

論理的思考能力が鍛えられてくると、現代のビジネススキルとして出回っているロジカルシンキングが実は少しばかり片手落ちであることにやがて気がつくことになるでしょう。それは実際に僕自身がIT業界に長らく身を置き、様々な業務を通じて感じたことです。例えば先日ポストした「PDCAは回らない」というのも、その一つです。一見ロジカルなように見えて、ロジックが通っていない、そのようなケースはビジネスの現場でよく見られるものです。そして、そのような矛盾を感じ取れるようになることが、本当にロジカルシンキングが身についた、と言えるのかもしれません。

このあたりについてはまた追々取り上げていこうと思います。

1

記憶を定着させるコツ

インプットばかりの現代

10年前に比べれば、現在の僕らは想像もできないほど大量の情報を簡単に入手することが可能になったような気がします。スマホやクラウドのおかげでいつでもどこでも手軽に情報にアクセスできるわけですもんね。そんな大量の情報を蓄積するために、様々なツールが登場してきました。例えばそんなツールの代表格といえば Evernote がそうですね。もちろん僕も Evernote のヘビーユーザーです。

 情報に簡単にアクセスできるのはとても素晴らしい環境であることは間違いありません。でも、最近僕自身気になるのは、スマホアプリで読んだ内容をほとんど覚えていないことです。もちろん、読んだ時に Evernote に放り込んだりもしてますが、Evernote にクリップしたことすら覚えていないわけです。これは年齢から来る記憶力の低下だけはないような気がしてなりません。だと信じたいのです。

覚えきれないから「スマホにメモ」ではダメな理由

当たり前ですが、スマホでWebサイトをクリップしたり、リンクをメールで送信したりするのはとても簡単で手軽ですが、それゆえに、簡単に忘れてしまうわけです。忘れても良いじゃないか Evernote のメモを見ればわかるんだし、最悪 Google 検索すれば直接Webサイトにアクセスできるし、と思いますか?

 僕はこれではダメだと考えています。なぜならば、知識というものは僕らの頭の中でデータベースのように、決まった場所で、決まった形式で保管されているわけではないからです。どういうメカニズムで記憶と情報の取り出しをしているのかはわかりませんが、もっとイイ意味でいい加減です。このいい加減さによって、ある日突然、あの情報と、この知識と、その経験がくっついて、全く新しいアイデアがスパークするわけです。

 この時に、知識や情報が不足していたら、頭の中でそのようなアイデアの熟成は起きません。もちろん、それだけでなく、議論や討論の時に知識不足を補うためにいちいち Evernote やら Google 検索なんかをしているようでは、ディカッションをリードすることなんてできっこないでしょう。

そう考えるとこれだけITが進化した現代においても、やはり頭に詰め込む知識は極めて重要なんじゃないかと思います。それがなければ新しいアイデアや、最適な問題解決もなかなか出て来ませんから。

記憶を定着させるコツ

ちなみに僕が実践している記憶を定着させるコツは、とにかくアウトプットです。インプットをどれだけ効率化しても記憶にはなかなか定着しません。でも、環境的にも手軽なため、多くの人がインプット(=スマホやアプリなどを駆使すること)に比重を置いているのが現実でしょう。それに対してアウトプットとは、

  1. 感想文を書く
  2. 誰かに教える

 

この二つが基本です。もちろん、感想文と言っても原稿用紙に書く必要はありません。 Evernote で十分です。ここでの Evernote はインプットではなくアウトプットのためのツールとして活用しているわけですね。もっと短ければ、読んだ記事などに感想をくっつけて Tweet をするというのもあるでしょう。もちろん、アウトプットの文章は長いほど記憶に焼き付くので、本気で覚えたければ Tweet する程度ではなく、本気で作文して、ブログにでも書いた方が良いでしょう。これだけで記憶は50%くらいは定着する気がします。

 そして、それをさらに誰かにレクチャーなどをすれば、その記憶は80%、90%と高まっていくわけです。これはよく聞く話ですが、誰かに教える時は、そのために自分自身がもう一度内容をあらためたり、相手が理解できるように噛み砕いたりするわけですから、その過程でよく覚えられるわけです。僕自身、マーケティングに関する知識や経験は実践で積んできたつもりですが、やはり本を書く時に、あらためて原書を読み直し、わかり易い表現を考える中で、記憶がよく強く定着したことは間違いありません。

 学生の頃から英単語カードや年表や公式など一生懸命インプット作業に時間を費やしていましたが、アウトプットの方がよっぽど確実に覚えられるという大原則にもっともっと早く気づいていれば、あんなに多くの時間を勉強に費やす必要もなかったのではなかろうかと悔やんでいる次第です。

 インプットよりもアウトプットの方が頭を使うので面倒と言えば面倒ですが、インプット、アウトプットをバランス良くやれば、結局記憶はよく強く、そして早く定着するのではないかと思います。

0