【フィリピン留学ブログ】フィリピン人の英語訛りは?

フィリピン留学を検討する上で誰もが思いつくのが、「フィリピン人の英語って訛ってないの?」という疑問です。結論から言うと、もちろんネイティブの発音とは違います。

これは彼らがネイティブではない以上、ネイティブの発音にはなりえないということです。しかしながら、しっかりした採用基準のある学校であれば、訛りなどは一切気になることはないでしょう。もちろん、先生特有の言い回しや、個人個人で微妙に違いはあります。ただ、英語を話す環境に普段いない皆様の、英語を話すこと、使うことに対する壁を取り除くことにおいては、障害となることはないと言えるでしょう。

加えて、仮にフィリピン人が訛っていたとしても、それがうつるということもないと言えるでしょう。

なぜなら、私たちはすでに日本人として日本語を母国語としており、言葉を発する際に発音のベースになるのは日本語です。そのため、どうがんばっても日本語訛りが大前提なのです。フィリピン訛りがうつることは心配しないでいいでしょう。日本語訛りの素養があるんです。日本語訛りからの出発なので、しっかりとしたカリキュラムでその先生に教えてもらう以上、フィリピン訛りの影響は皆無に等しいでしょう。

また、フィリピンはアメリカンイングリッシュですので、日本人の耳にも馴染みやすく話しやすいでしょう。

留学をされる方の中には、映画やドラマを字幕なしでみたいという方もいらっしゃると思いますが、事前にリスニング学習として視聴するのであれば、多くの方が仰られているようにアメリカのホームドラマをお勧めします。私は「フレンズ」のシーズン1をひたすら繰り返し見てました。

①最初は英語のみの字幕なし ②なんとなく聞き取れてきたら英語の字幕をつけてひたすら繰り返し

これが耳を鍛えるいいトレーニングになりました。ちなみに今も時間があれば見ています。

ご存知の方も多いでしょうが、世界にはイギリス訛りとオーストラリア訛りの英語もあります。では、英語を話すにはアメリカンイングリッシュを学ぶだけではだめなのか。それでいいわけではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、英語をビジネスで使っていく、旅行の際に問題なくコミュニケーションをとることができるようになりたいなどの場合、話すという機会を多く経験すればするほど、どのようにすれば英語を使いながら人とコミュニケーションを取れるのかが見えてきます。そうすると問題は言語だけではなく自分の考えをいかにうまく相手に伝えられるかどうかに気づくのです。こうなれば日本語と同じです。あくまで英語はツールです。ツールは使えさえすればどうにかなるものです。

フィリピン留学は、英語を使えるようになるにほ絶好の留学先です。それだけでなく、コミュニケーションとは何かについて考える絶好の機会にもなります。

また、海外に少し出るだけでも日本を俯瞰して見る目を持つことも出来るでしょう。フィリピン留学から得られることは英語に限らず多いことでしょう。

※ふとamazonでフレンズのDVDの価格を調べてみたらシーズン1の前半12話のセットがなんと¥1,000でした。前はもっとしたんですが、お試し価格かなにかでしょうか。リスニングの練習をしつつ、息抜きとしてもおもしろいので見てみてください。¥1,000は取り返せます。一石二鳥です。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


40文字以上日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)