【フィリピン留学ブログ】スリ対策!!

今回はフィリピンでのスリ(pickpocket)、置き引きについて。

日本では落し物や忘れ物をした場合、届いていることがあります(かなり高い確率(probability)ではないでしょうか)届けてくれるのは本当に素敵なことです。しかし、同じことをフィリピンですると残念ながらほとんど返ってきません。もちろん落としたり忘れたりすること自体、本人の不注意以外のなにものでもありませんので致し方なしと言われるのも納得(assent)せざるを得ません。落としたんではなくて、プレゼントしてあげたんだと。ポジティブに考えましょう。

しかし、落としたり忘れたりしていないのにものがなくなることがあります。スリや置き引きです。

幸い私は留学している間に、被害(damage)にあうことはありませんでしたが、実際に被害にあったり未遂にあったりという話を聞きました。実際に見たり聞いたりした対策(countermeasure)をいくつかあげてみます。

 

危険と思われるような場所を避け、夜遅くには出歩かない

未然に危険を防ぐことがなにより一番の予防策でしょう。犯罪の温床(hotbed)になるような場所を避けることが巻き込まれないための一番の対策です。

 

後ろのポケットに貴重品(valuables)をいれない、口の開いたカバンを使用しない

スリに狙われやすいです。相手はベテランです。さらに集団です。本当に気をつけましょう

 

密集地帯ではリュックサックを背中に背負わずに、前にもつ

格好は悪いですが効果は抜群(excellence)です。

 

リュックサックのジッパーに南京錠で鍵をかける

どうしても前に持ちたくない方、さらにセキュリティレベルを上げたい方にお勧めです。注意点は南京錠(padlock)の鍵を失くすと大変なことになるところだけでしょう。それさえ除けば万全です。実際に日本人の方がこの方法を使っていました

 

誰も信用しない

信じるものは自分のみです。蛇足ですが、私が日本人とフィリピン人の三人でレストランでご飯を食べている際に、机に財布とスマートフォンを置いたままトイレに行って帰ってきたところフィリピン人に驚かれました。そのフィリピン人からは、いくら友人とはいえ貴重品を放置してその場を離れるなんて考えられないといわれました。・・・たしかに考えてみれば危険極まりないことですが、日本ではカフェや公共の場で自分の荷物を置いて少しその場を離れる人はとても多いのではないでしょうか。これは海外に慣れてきたことが原因ではないと思いますので、気をつけてください。

安全に注意を払うのは海外では当然

たとえ短期留学であったとしても、自分は海外にいるのだだということを常に自覚して、それを最終日まで継続することがとても重要です。元々日本もどこでも安全かといえばそうではありません。しかし、諸外国に比べて犯罪率が低いことは確かです。海外の生活に慣れてきたり、留学が長期にわたると、いい意味でも悪い意味でも気が緩み、そこを日本と同じように考えてしまいがちです。スリや置き引きに遭うと、気分も落ち込み、楽しんで英語を学ぶ気にもなれるものじゃありません。

本気で英語を学ぶつもりの数週間であれば、缶詰になって英語と向き合い、あまり夜の街などに遊びに行かないことが一番安全で、そして投資効果が高いのではないかと思います。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


40文字以上日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)