【フィリピン留学ブログ】虫、蚊・・・時々英語

前回に引き続き、生活編をお届けします。

今回はです。

蚊(mosquito)について取り上げます。

気温(temperature)の高い国を訪れるうえで、これも避けては通れない問題でしょう。蚊にさされます。(関西生まれなので蚊にかまれるっていうのが普通と思ってましたが、標準語だと「さされる」だそうです)日本でさされやすい人は、サラブレットの血(blood)を持っておりますのでどこに行っても格好の標的(target)でしょう。

余談ですが、(Let me say in passing that)蚊が好む血液型はO型、B型、AB型、A型の順だそうです。日本人に一番多いとされるA型の人は、蚊にはあまり好かれないようですね。ただ、運動後や、飲酒時、入浴後などは蚊が寄って来やすくなりますし、また汗の成分(constituent)にも反応するので、汗かきの人は常に蚊に狙われやすいとのこと。

それに、限りなくゼロに近いとはいえ感染症(an infectious disease)にかかる可能性もあります。しかしながら、かゆいことがとにかく我慢ならない。これがきついんです。彼らも生きるために必死(desperate)ですから、ここぞとばかりに狙ってくる。睡魔に負けるか、蚊にさされるか。英語学習を妨げる最強にして最大級の双璧(wall)といえるでしょう。そんなわけで、出来る限りさされないように予防(prevention)するのが懸命な判断といえます。

日本から虫除け持っていく

これが一番効果的な作戦(strategy)であると思います。なぜなら、フィリピンにはしっくりくる虫除け剤がありませんでした。信用(trust)できて安心できる普段使いのものがある方はそれを持っていくことを強くお勧めします。普段は使わないという方でも、ドラッグストアなどで部屋に置く形式の虫除けを持参することをすすめます。100円均一にさえ(even)売っておりますので、捨てること前提(assumption)でも荷物に入れていきましょう。

現地で虫除けを購入

フィリピンのショッピングセンターで虫除けを購入するという選択肢(choices)。これはかなり選択が狭いですし、肌に塗るものになると合うかどうかもわかりません。特に敏感肌(sensitive skin)の方は、蚊を避けるために発疹(rash)と戦う羽目になりかねません。気をつけてください。

長ズボン

多くのフィリピンの先生が長ズボンをはいていました。暑いのになぜ。答えは蚊にさされないようにです。しかし・・・暑さに耐えられない。半ズボンじゃないと汗をかいて、蚊にさされてしまいます。そんなわけで汗かきの私にはこの案は採用(accept)できませんでしたが。是非ご参考ください。効果は絶大です。

 

彼らを侮ってはいけません。備えあれば憂いなし(providing is preventing)。費用対効果は計り知れません。是非、日本から持参することをお勧めします。


 

First Wellness English Academy
Go GLOBAL!!

 

 

 フィリピン留学についての詳細はこちらから

 

0

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


40文字以上日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)